Androidのボタン実装方法について

2019年5月16日

Androidアプリでbuttonを実装するには、以下の手順を踏みます。

 

  1. xmlにbuttonのレイアウトを定義
  2. Javaでandroid.widget.Button クラスをimportしてbuttonを実装

 

詳しい説明は次項で行いますのでまずは次項をご覧ください。

 

 

buttonのレイアウト定義について

buttonを実装する画面で読みこむviewに対して、<button>を定義します。
ここでは簡易的にLinearLayoutのviewの中にbuttonを埋め込みます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent">
    <Button android:id="@+id/button"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Button" />
</LinearLayout>

Javaファイル

Javaでは以下の処理を実装します。

  1. onCreateでviewのbuttonとJavaのbutton変数を関連付け
  2. setOnClickListenerでボタン押下時の処理を定義
import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
public class ButtonSampleActivity extends Activity {
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
        //1)id.buttonが口述するリソースの@+id/buttonを指している
        Button button = (Button) findViewById(id.button);
        //2) ボタン押下時に呼び出されるコールバックリスナーを登録
        button.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View v) {
                // ボタン押下時の処理を記載
            }
        });
    }
}