Chrome 75 でLazyLoadが実装される件について

2019年5月23日

Chrome75にてLazyLoadが実装されることになりました。
本稿ではLayzLoad関連のお話を解説していきます。

 

 

そもそもLazyLoadとは?

LayzLoadは遅延読み込みの事を指します。
画面の初期ロードでは可視化されている必要のない画像の読み込みを遅延させることで、
ユーザー体験(UX)の質を向上することができる技術です。

 

Chrome75からlazy loadはloadingに名称変更

これまではlazy loadという名称が使用されていましたが、
Chrome75ではloadingという名称に変更になります。

loading属性の一覧

lazy   読み込みを遅延させる
eager  画面読み込み後にすぐ読み込みを開始する
auto    ブラウザが遅延読み込みさせるかどうかを判断する

 

Chrome75でLazyLoadが実装されることに伴う注意点

既にJava Scriptやライブラリを使用して独自にLazyLoadを実装していた場合、
Chrome75にアップデートした段階でLazyLoadが競合して不具合が発生する可能性があるのでご注意ください。

Chrome以外のブラウザで独自のLazyLoadが必要とした場合、
Chromeのみ独自のLazyLoadを無効化するなどの対応を適宜行うと良いでしょう。

WebChrome

Posted by Hiro