フリーランスエンジニアはどのぐらい稼げるのか?

2019年3月28日

会社員エンジニアとして就業中の方で、フリーランスエンジニアはどのぐらい稼げるのか?

という疑問をお持ちの方いらっしゃると思います。

今回はそういう方向けに私の経験をお話ししたいと思います。

 

ちなみに今回の記事ではフリーランスのエンジニアとしてSES契約する場合のみを対象としており、

請負契約の場合の単価は対象外です。

 

理由としては請負契約できる(またはしたことがある)ぐらいスキルがあるエンジニアは、

請負・SES契約の相場感も理解している可能性が高いため対象外としています。

 

 

フリーランスエンジニアはどのぐらい稼げるのか?

結論からいうと稼ぐことはできます。

具体的にどのぐらい稼げるかということについては、個人差があるので明言できないですが、

私がフリーランスを経験してきた中でどの程度のスキルがあればいくら稼げるという私の実体験ベースでお話させて頂きます。

 

新卒~社会人3年目レベル 30万~60万

ここでいう新卒とは学歴の区分を含めていません。

はっきり言ってフリーランスで学歴をみることは稀で、

学歴よりも実務上で何をしてきて今何ができるかを問われることが多いです。

 

この単価レンジの人材であれば案件は豊富にあり、

会社員エンジニアとして以下のようなスキルがあれば就業できるところも多いです。

私が24歳でフリーランスエンジニアになった時は、税込みで55万円の単価でした。

 

工程上で求めるスキル

  • 概要設計/外部設計/実装/UT/ST/UATを経験したことがある。

 

業務上で求めるスキル

  • 基本的なコードのアンチパターンを理解している。
  • 簡単なモジュールの概要設計と実装をしたことがある。
  • 上司やメンバとコードレビューを実施して開発したことがある。
  • Git/backlog/Confluence/Redmine等のツールを使える。
  • 軽微な不具合を改修したことがある。
  • 受動的ではなく能動的な働き方ができる。

 

以下のスキルがあると尚良し

  • 1人称でアプリやシステムの企画からリリースの経験
  • 大規模サービスの機能改修の経験
  • プロジェクトリーダー/サブリーダー/チームリーダー等の経験

Life, Work

Posted by Hiro