プロジェクト目標とは何か?

2020年9月21日

プロジェクト目標とは?

プロジェクト目標は一般的にQCD(品質、コスト、納期)を具体化することが多いです。

従ってプロジェクト目標とはプロジェクトをQCDの観点で具体化した目標と解釈すると良いでしょう。

本稿ではQCDの特性と有効なプロジェクト目標について具体的に説明していきます。

 

QCDの特性

QCDには特性があります。

それはQCDのそれぞれはトレードオフの関係にあるということです。

具体例を挙げると下記の通りです。

  • 品質を高めようとする :コストを増やすか納期を遅らせる必要がある。
  • コストを下げようとする:品質を下げるか納期を遅らせる必要がある。
  • 納期を早めようとする :品質を下げるかコストを増やす必要がある。

言われてみれば当然のことですが、QCDそれぞれを全て向上させることはできないよということですね。

プロジェクトとは、そもそも限られたリソースや制約の中で遂行していくものなので、

QCDはそれぞれトレードオフの関係にあることを理解しておきましょう。

 

有効なプロジェクト目標とは

プロジェクト目標については冒頭で説明しましたが、プロジェクト目標が有効になるケースを説明します。

それは、プロジェクト目標は利害関係者の合意を得ないと有効なものとならないということです。

利害関係者である顧客Aと顧客Bのプロジェクト目標の認識が異なっている場合は、

自分たちが掲げているプロジェクト目標というのは有効になりません。

プロジェクト目標は必ずQCDで具体化し、利害関係者との合意を得るようにしましょう。

 

まとめ

  • プロジェクト目標は、プロジェクトをQCDの観点で具体化した目標
  • QCDは、それぞれトレードオフという特性がある
  • プロジェクト目標は、利害関係者との合意を得てから有効なものとなる