Ruby技術者認定試験とは

試験について

試験の概要

Ruby技術者認定試験は「 Rubyアソシエーション認定Rubyプログラマー」の資格者を認定する試験制度です。

RubyアソシエーションはRubyの言語設計者で開発者でもある、まつもとゆきひろ氏を中心とした組織で、

趣味・教育・ビジネスといったあらゆる領域においてプログラミング言語Rubyが持つポテンシャルを引き出すことを目指しています。

 

試験の対象者

この試験の対象者はプログラミング言語Rubyを利用したシステムを設計、開発、運用するエンジニア、

Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える教師などです。

 

試験の目的

Rubyの学習・教育において、到達目標となる技術レベルの基準を示す

Ruby技術者が、技術力を確認し、他社にアピールする基準を示す

企業などのRuby技術者の採用(雇用及び開発委託)に際しての判断基準を示す

 

試験範囲

実行環境

  • 実行方法
  • コマンドラインオプション
  • 環境変数
  • irb

文法

  • コメント
  • リテラル
  • 変数/定数とスコープ
  • 演算子
  • 条件分岐
  • ループ
  • 例外処理
  • メソッド呼び出し
  • ブロック
  • メソッド定義
  • クラス定義
  • モジュール定義

組み込みライブラリ

  • 組み込み関数
  • 組み込みクラス

オブジェクト指向

  • ポリモーフィズム
  • 継承
  • Mix-in