Rubyの特徴

概要

Rubyはオブジェクト指向プログラミングのためのインタプリタ言語です。

本稿ではRubyの特徴を説明していきます。

 

 

Rubyの特徴

インタプリタ言語

Rubyはインタプリ言語なのでプログラムを実行するためにコンパイルする必要がありません。

 

変数について

動的型付け(変数に型がない)

Rubyの変数はどのような型でも格納することができます。

変数宣言が不要

Rubyでは変数を宣言なしで使用することができます。

ローカル変数、グローバル変数、インスタンス変数などの変数の種類は変数名から把握することができます。

 

メモリ管理

ガベージコレクタ

Rubyはメモリ管理を自動に行います。アクセスされなくなったオブジェクトはインタプリタに組み込まれているガベージコレクタによって自動的に回収されます。

 

Rubyが兼ね備えているオブジェクト指向の機能

全てがオブジェクト

整数のような基本的なデータ型をはじめとして、全てのデータをオブジェクトとして統一的に取り扱えます。

クラス、継承、メソッド

オブジェクト指向言語として基本的な機能であるクラス、継承、メソッドを持っています。

特異メソッド

特定のオブジェクトにメソッドを付加することができます。

モジュールによるMix-in

モジュールを使用してクラス階層を横断して実装を共有できる機能のことをMix-inと呼びます

イテレータ(ブロック付きメソッド呼び出し)

ブロック付きメソッドを呼び出すイテレータという機能があります。

この機能は制御構造の抽象化を手助けするための機能です。

クロージャ

手続きをオブジェクトとして扱う機能のことをクロージャと呼びます。

 

文字列や整数演算

強烈な文字列操作/正規表現

Perlに倣った文字列操作や正規表現検索の機能があります。

多倍長整数

組み込みの多倍長整数機能があるので、メモリの許容範囲内である限り非常におっきな整数の演算が行えます。

 

例外処理

例外処理機能

例外的な状況への対処が簡単に実装できます。

 

OS関連

OSへの直アクセス

RubyはUNIXのほとんどのシステムコールの呼び出し機能を保持しています。

ダイナミックローディング

OSが許可すればオブジェクトファイルを実行時に読み込む機能も提供されます。

Programming, Ruby

Posted by Hiro