Androidでバイブレーションを実装する方法

2019年5月16日

Androidでバイブレーションを実装する方法

Androidアプリでバイブを鳴らすには、

まずAndroidManifest.xmlにバイブを制御するための権限を付与し、

その後にJavaコード内でバイブを鳴らすコードを実装します。

 

下記にサンプルを記載致しましたので、参考に頂ければ幸いです。

 

 

AndroidManifest.xmlにバイブレーションの権限を付与

<uses-permission android:name="android.permission.VIBRATE"/>

 

Javaファイル内のバイブを鳴らしたい箇所でgetSystemService.vibrateを記述

import android.os.Vibrator;
・・・・
//500ms バイブを鳴らす
((Vibrator)getSystemService(VIBRATOR_SERVICE)).vibrate(500);

※VIBRATOR_SERVICEはContextのオブジェクトなので、 Activity以外から

バイブを鳴らしたい時はContextを受け取る必要があります。

Vibratorクラスのメソッド一覧

Public methods
abstract void cancel()Turn the vibrator off.
バイブレータをオフにします。
abstract boolean hasVibrator()Check whether the hardware has a vibrator.
デバイスでバイブレータが利用できるかチェックします。
利用可の時にtrue,利用不可の時はfalseを返します。
void vibrate(long milliseconds)Vibrate constantly for the specified period of time.
指定した時間バイブレータを動かし続けます。
void vibrate(long[] pattern, int repeat)Vibrate with a given pattern.
バイブレータを与えたパターンで動かします。
void vibrate(long[] pattern, int repeat, AudioAttributes attributes)Vibrate with a given pattern.
パターンと共に、効果音を鳴動します。
void vibrate(long milliseconds, AudioAttributes attributes)Vibrate constantly for the specified period of time.
指定した時間バイブレータを動かし、効果音を鳴動します。